品物紹介-「台湾的設計宝庫」-

2016.05.29 Sunday

0
    アジア雑貨のお店「在公園」。
    最初はほんの少しの雑貨から始まり、今では取扱い商品も増えました。
    それぞれの商品ページに紹介は書いてありますが、改めてブログでも取り上げてみようと
    思い立ちました。

    初回はUPするとあまり日が経たずに売れてゆく人気の書籍、「台湾的設計宝庫」を
    ご紹介できればと思います。(16.5.29:在庫0冊です。すみません。)

    私が初めて出会った花布の本がこれ、「台湾的設計宝庫」。(商品ページに飛びます)
    表紙の美しさに、びっくりしたのを覚えています。

















    181ページから成るこの本の、149ページ分は花布の模様について説明が
    されており、残りのページは花布の作品とその作り方が載せられています。


    ちょっと見えにくいのですが本の左側に花布の説明、そして左側に大きな
    模様が出ています。(P44、雙星牡丹)



    (p52、浪漫牡丹叢)



    巻末には花布のマテリアルが収められたCD-ROMが付いています。
    今のところ著作権のない花布ですので、様々な用途に使って
    頂けると思います。
    私もこの素材を使って名刺作りました。とってもかわいいです!

     

    新しい花布です-紅桃-

    2016.05.27 Friday

    0

      新しいお品物をUPしました。

      台湾花布の「紅桃(あかもも)」です。

      (↑のクリックで「紅桃」のページを開きます。)

      書籍「台湾的設計宝庫」45pに載せられている布地です。

      そこの説明書から紅桃と名前を付けました。

      実際の色味はもっと明るいピンクで、大きな二つの花がとても

      華やかです。

      柄の大きさなどは一緒に置いた30cmの物差しを参考になさって

      ください。

      レトロな花布

      2016.04.30 Saturday

      0
        台湾の高雄から花布の販売をしているM女史。

        在公園のバイヤーもお願いしています。

        花布を送るだけではなく、花布を売っている市場の様子なども

        教えてくれる頼もしいバイヤーさんです。

         

        この度M女史のお店に新商品が入荷したようなのでお知らせです。

        花布のレトロな風合いで、あまりみないタイプの素敵な布地。

        赤、紫、緑の三種類で、私にもサンプルを送ってもらいました。
         

        アイロンもしないですみません。

        この天気の良い自然光で!と思い急ぎで撮りました。

        でも、画像で見るといつもの花布とあまり大差ない色味に見えてしまいます。

        実際はもっと濃いオレンジというか、明るい茶色掛かったレトロな風合いです。

        レトロな生地はいくつか見たことがありますが、この生地はキャンパス地の

        ような荒目の綿生地です。


        ざっくり落ち着きのある風合いで、夏以外の季節にも合いそうです。

         

        花布について-その二-

        2016.04.30 Saturday

        0

          よく頂く質問などをピックアップしてみました。

           

          Q:花布で小物を作りたいです。花柄が大きいので迷います。
          A:確かに大振りです。特に花布で一番有名なボタンシリーズは大柄です。
          参考に画像を上げて見ます。 


           














           

          この画像ですと、一番素敵な柄の横にあるのは30cm定規です。
          以前こんなのを作ってみました。
          手のひらに乗る小さな小瓶が入った台湾の薄荷オイルを入れてみました。

           

          Q:花布に使っている染料が知りたいです。
          A:すみません。私にもわかりません。でも追々私も調べたいと思います。

           

          Q:手洗いじゃなくて大丈夫ですか?
          A:綿なので洗濯機で洗っても問題ないと思います。ただ、他の生地にも
          いえることですが、縮みやヨレ、色落ちなどは当然出てきます。
          私はそのシワっとした風合いも大好きです。

           

          Q:花布は染料(ダイロン等)で染まりますか?
          A:やってみたことがないので何ともいえません。ただ以前に三度洗い
          (少し漂白剤をいれました)の後、紅茶と玉ねぎの皮で染めてみました。
          ちゃんと色が入って、ちょっとセピアの入った風合いが出ました。

           

          少しですが、いまのところ以上です。
          頂く質問を見て、やはりハンドメイドで使われる方が多いのかな?
          という印象でした。

          花布について-その一-

          2016.04.28 Thursday

          0

            まずは以前(2012,7,31)にブログで上げたものを再度あげておきます。

            Q:花布の呼び名は台湾花布ですか?客家花布ですか?
            A:実は正確な呼び名は私も分からず、曖昧です。客家起源だというところも
             あれば、もともと台湾のローカルな流れをくんでいるという説もあり。
             私の持っている本の中には、一部日本の柄からの発展もあるようなことが
             書いてあります。
             様々な要素があって今の花布になっているので、私の中では「どちらでも」
             という気持ちです。

            Q:洋服を作成するのに、適した布ですか?
            A:布幅90ありますので、サイズ的には問題ないと思います。ただしっかりした
             綿素材で 厚みのあるプリントの生地なので、TVで見た印象よりは少し
             ぽってりしているかと思います。個人的には衣服にも使える生地だと思います。

            Q:花布の種類は増えますか?
            A:徐々にですが増えていくと思います。

            Q:ブログにあった花布バッグが欲しいです。
            A:ありがとうございますアリガトウゴザイマスポッ
             花布を手にしたテンションの高い時に、ばばばばっと作っただけのものなので
             売り物ではございません。小さくても映える色柄なので、是非作ってみて
             ください。そしてもし出来ましたら、是非私にもその作品を拝見させてくださいね。

            Q:本に付いているCD-ROMの模様は、ブログなどに使用して大丈夫ですか?
            A:大丈夫です。著作はございません。商用もOKです。

            新しい花布です

            2016.04.06 Wednesday

            0
              新しい品物が、新しい花布が来ました!
              でも、わずか1種類です。選んで選んで決めた1種類です。
              いつもありがとう、M女子!
              希望通りの品物を、本当に奇跡ともいえる梱包で送ってくれました。
              あまりにコンパクトで、本当に全部品物が入っているのか心配になるほどでした。
              書籍「台湾的設計宝庫」の表紙に使われている花布です。思ったよりも大振り!!
              赤みも実物の方が濃厚で、台湾の色!という感じです。



              最近サンプル(ばかり溜まってゆく・・・)を触って思うところあって、販売までは
              もう少しお待ちください。
              大したことではないのですが、最近台湾にお出かけされる方が多くなるにつれ
              花布に興味を持たれる方も多くおらっしゃいます。
              それで、花布に関する質問などを頂くことが去年よりとても多くなっています。
              ちゃんと伝わっているか不安になりながら、できるだけ質問にはお答えしたいと
              思っています。
              思いついたことは、ここに追々あげてゆきます。

               

              島内出走

              2016.03.27 Sunday

              0

                台湾を自転車で巡るクイズ番組、ご覧になりましたか?!
                実は仕事が立て込んでていて、リアルタイムでは見ることができなかったのですが
                ようやく先ほど見ることができました!
                もう!素晴らしい景色と台湾の空気感が伝わってきましたー!
                行きかう自転車での交流も素敵! 加油!の掛け声が優しかった〜。
                台湾らしいなぁ、と感じました。
                環島(huan2 dao3)、時間とお金があっても本当に体力がないので永遠の憧れです。
                因みに・・・在公園ではこんな品物がございます。

                島内出走」と題した台湾の本です。>web shopに飛びます
                FROG蛙大さんという方が書いた、自転車で台湾を走る姿を写真と文章に収めた本です。
                残り一冊となりましたので、お早めにどうぞ。

                SNSも面白いので覗いてください!
                WEB : www.frogfree.com
                BLOG : freefrog.blogspot.com
                FB:www.facebook.com/taiwanfrog

                待つことの楽しみ

                2016.02.29 Monday

                0
                  ちょこっとだけ商品を台湾から頼みました。
                  頼んだ商品を見るたび
                  「ああ、やっぱり私の好きなものを頼んでしまった」
                  と、思わずにいられません。

                  一人、にやにやしています。

                  少し前に発売になった台湾特集だったanan。
                  買おうと思っていたのに、気が付いたらどこにも売っていないのです。
                  ああ、残念。
                  と、思っていましたら遠くに住む家族が送ってくれました。
                  嬉しかったー!!!

                  陳柏霖さんも出ていましたね。
                  懐かしいですー。


                  <張懸:喜歡 >