花布関連書籍について

2017.10.13 Friday

0

    タイトルにある花布書籍に関してのお知らせになります。

    在公園-in the park-でも、いつもすぐに売れ切れてしまう花布関連の書籍。

    この先、新規で仕入れることが難しくなってしまいました。

     

    在庫が少なくなり、さあ仕入れようとしたところ、いつもお世話になっている

    出版社さんにも在庫なし。

    焦って他の仕入れ先を除くも、在庫はどこもなし。

    びっくりしました。今までどこかには必ず在庫はあったのに。

    しかも出版社さんによれば再版の予定はないそうです。

    まさかこんなことになるなんて!!

    台湾バイヤーのM女史も尽力してくれましたが、本当に手に入れることが難しいようです。

    台湾の書店で並んでいるものを発見できればラッキーという感じでしょうか。

    今お手元に「台湾花布」「台湾的設計宝庫」をお持ちの方、どうぞ大切にされてください!

     

    また続報があればお知らせします!

    1988という年号

    2017.10.05 Thursday

    0

      もしかするとこの「1988」という数字を見て「あ、はいはい」とうなずかれる方も

      いらっしゃるのではないでしょうか?

      そう韓国ドラマ「恋のスケッチ〜応答せよ1988」のことを言っておりました。

      あまりに何気なく見たのに、こんなにも思い出のドラマになるとは思いませんでした。

      1988年頃の韓国の小さな横丁に住む仲良し家族たちの毎日を綴ったもので、韓国ドラマにありがちな

      裏切りや、記憶喪失、実は兄弟だった!とか会いに行く途中で事故とかそんなものとは

      縁遠い話。

      ちゃんと最終話でしっかりと話を収めてくれるので、見終わった感がものすごかったです。

      主人公の女性が大人になりインタビューに回答するシーンが何度かあるのですが、過去を振り返って行く

      作業の本当に最後のところで「過去に戻りたいと思いますか?」と問われます。

      一緒にインタビューを受けている旦那様は「戻りたくはない。今がいいよ。」と回答しているのに対して

      彼女は「私は戻りたい」と答えます。

      今までの物語の流れからすると、懐かしい幼馴染と面白おかしく過ごす日々や、(ある意味)仲良しな

      兄弟たちが一緒に居られる時を懐かしんでいるのかと思ったのですが彼女の答えはこうでした。

      「会いたい人がいるの。若くて偉大だった両親に。」と答えます。

      なんだか「納得」な答えでした。

      楽しかった日々も、我儘に振る舞えた時も、シオシオに打ちひしがれた時もどんな時も

      親の庇護のもとに居たからこその彼女だったのだなぁと、私は思いました。

      はー、素敵ドラマでした。

      しばらくはまだドクソン&ジョンファンパパの「しれしーれっはんにーだーぁーるんるんしれしれはっせーよおんムード

      を歌い、余韻に浸りたいと思います。

       

      劇中流れてくる音楽がとても素敵な物ばかりでした。現在カバーされている曲も何曲かありました。

      ソンシギョンさん好きな私としては、オリジナルよりこちらで。

      <惠化洞:ソンシギョン>

      この時期になると思い出す感覚

      2017.06.22 Thursday

      0

        初めて台湾に行ったのはもう記憶も辿れないほどの大昔。

        フリースとマフラーが必要だった冬のことでした。

        日本と近い国なのに、こんなにも異文化感を感じるなんて!!と

        ついた初日は興奮で寝付けないほどでした。

        何気なく旅行で行った台湾は、その後長らく私の心を離さず沁みついたままでおり

        その数年後には、少しの期間生活するため舞い戻るのでした。

        旅行とは違う感覚に押しつぶされそうでしたが、それよりもなによりも

        6月の湿った空気と日本とは違う濃厚な空の青に幸せを感じずには

        いられなかったのを、今でも鮮明に思い起こします。

         

        あれから何年も何年も経って、日本から見る台湾は大きく様変わり

        したように思います。

        大きな建物が建って、綺麗に整備され、あの頃には無かった便利なものが

        たくさん増えて。

        ああ、今ならもっと楽な生活ができのねー。なんて羨ましく思い、反面は

        あの頃の「私の大好きな台湾」の面影を追う事が出来なくなったら残念

        だなぁと思うのです。

         

        6月が来るとどうしても避けては通れない、この気持ち。

        きっと来年もその次の年もずっと巡ってくるのだと覚悟してます。

         

         

        <張仰華feat.杜紹穎 :艾伊達尼('A I Daa Ni) >

         

        長い横断歩道を渡る美しい場面。

        私も同じようにスローに見えたことがあります。本当にぐっときます。

        書籍「台湾花布」入荷のお知らせ 

        2017.06.11 Sunday

        0

          だいぶ遅くなりましたが、台湾花布入荷のお知らせです。

          やはり少しだけの入荷です。

          ご購入希望の方はお早めにどうぞ!

           


          書籍「台湾花布」のページへ

          二度目の大晦日

          2017.01.26 Thursday

          0

            今日は旧暦の大晦日です。

            旧暦でお正月を迎える国の方は大忙しの日かもしれません。

             

            すでに大晦日とお正月を迎えた身としては、ただただ傍観しています。

            でも、去年の年末は楽しいことがいっぱいでずっと動いてましたし、なぜか新年から

            あまり体調が思わしくなく今でも風邪っぽかったり。

            「一年の初め!!」を意識して迎えたわけではないのです。

             

            ですからこうして、海の向こうの大晦日、新年に思いを馳せるのがとても心地よいのです。

            101は今年もすごいのかしら?

            一度は見てみたいなぁ、と思います。

             

            さて、ものすごい遠いところから引っ張ってきた下の曲。

            今日は一日パソコンと向き合っていました。

            時計代わりにつけているTVには成龍さんの映画が。

            その時に流れていた曲が成龍さん、周華健さん、そして阿嶽さん三人の曲だったのです。

            キーボードに手は乗せたまま顔だけTVにロックオンでしたラブラブ

            で、その曲をと思ったのですが、何となくこの昔聴いたsuper peacefulな方がいいなと。

            何かと不穏なニュースばかりの日々。

            今年も良い年とになりますように。

             

             

            <周華健:Songs of birds>

             

            新しい年になりました

            2017.01.14 Saturday

            0

              1月も半ばに入りました。

              新しい年になって初めての投稿です。

               

              例年になく忙しい年末年始でしたが、とても充実した良い時間を過ごせました。

              帰省中の友人と一緒に久しぶりに美味しいご飯を食べたり、作りたくてウズウズ

              していたローストビーフも作れました。

              数年ぶりに家族みんなでゆっくり年末を過ごせたことは、本当に涙が出るほどの

              嬉しい出来事でした!

               

              今年も一年、良い年でありますように。

               

              そして、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

               

              在庫切れのお知らせです

              2016.11.24 Thursday

              0

                朝起きてびっくりです。

                外が雪で白くなっていました!

                 

                昨日は綺麗な銀杏並木を見ながら「秋も深まったのねー」なんて

                話していました。

                たった一日で秋と冬を経験してしまいました。

                 

                現在皆様によくお求めいただいている以下の二点が品切れと

                なっております。

                ・書籍 台湾花布

                ・書籍 台湾的設計宝庫

                 

                入荷は未定です。

                今回も少量しか入手できませんでした。

                 

                ご迷惑をおかけしてすみません。

                 

                 

                息抜きと兼ねてます

                2016.10.14 Friday

                0

                  毎日普通に生きていると、どうしても忘れます。覚えた物が。ボロボロと。

                  普通に生きること以上に大変なことはないけれど、せっかく覚えた物を

                  忘れていく悲しいこの感覚をどう表現したらよいか。

                  敗北感としか言えません。

                  私にとってその「忘れたらダメ」な物の中に「中国語」があります。

                  残念ながら、ちょっとしかない中国語の知識。少ないゆえにとーっても大切です。

                  それで、現在行っている勉強法がこれです。

                  大好きな中国語のドラマを一通り見て、そのあと字幕を消します。

                  それを見つつ、シナリオを見てチェックします。

                  これが・・・お仕事から帰宅してからの息抜きにぴったりなんですききらきら

                  ドラマとシナリオが実際はちょっと違っていたり、カットされている

                  シーンなんかも発見できます。

                  もっともっと精進せねば!と毎日思います。

                   

                  ドラマ中に出てくる印象的な歌です。

                  うう、泣けます。

                  <洪佩瑜:踮起腳尖愛>