この時期になると思い出す感覚

2017.06.22 Thursday

0

    初めて台湾に行ったのはもう記憶も辿れないほどの大昔。

    フリースとマフラーが必要だった冬のことでした。

    日本と近い国なのに、こんなにも異文化感を感じるなんて!!と

    ついた初日は興奮で寝付けないほどでした。

    何気なく旅行で行った台湾は、その後長らく私の心を離さず沁みついたままでおり

    その数年後には、少しの期間生活するため舞い戻るのでした。

    旅行とは違う感覚に押しつぶされそうでしたが、それよりもなによりも

    6月の湿った空気と日本とは違う濃厚な空の青に幸せを感じずには

    いられなかったのを、今でも鮮明に思い起こします。

     

    あれから何年も何年も経って、日本から見る台湾は大きく様変わり

    したように思います。

    大きな建物が建って、綺麗に整備され、あの頃には無かった便利なものが

    たくさん増えて。

    ああ、今ならもっと楽な生活ができのねー。なんて羨ましく思い、反面は

    あの頃の「私の大好きな台湾」の面影を追う事が出来なくなったら残念

    だなぁと思うのです。

     

    6月が来るとどうしても避けては通れない、この気持ち。

    きっと来年もその次の年もずっと巡ってくるのだと覚悟してます。

     

     

    <張仰華feat.杜紹穎 :艾伊達尼('A I Daa Ni) >

     

    長い横断歩道を渡る美しい場面。

    私も同じようにスローに見えたことがあります。本当にぐっときます。